DARTIGALONGUE
ダルティガロング

1838年、ルイ王朝の時代にダルティガロングはマディラン近郊のサンランヌから、ジェールのガロに移り、現在に続く会社を設立しました。

堅実な家族経営で、「アルマニャックに対し常に正直であれ」を家訓としてその営みを続けています。

1969年、ピエール ド ダルティガロングは、サレス ド アルマニャックに自身の蒸留所を構え本格的な製造を始め、それ以来毎年最高の白ブドウを蒸留し、400ℓのオーク樽につめ、19世紀より続く二階建ての熟成庫にて、無色透明なオードヴィは次第に色づきかおりが加えられ、完成の時を待ちます。

現在、5代目の当主が事業を引き継いでいますが、昔と変わらぬ伝統的な製法をかたくなに守り続けることに、誇りと栄光をもって取り組んでいます。

東京ウイスキー&スピリッツ コンペティションに選ばれました。
DARTIGALONGUE BAS ARMAGNAC 1989

DARTIGALONGUE BAS ARMAGNAC 1978

40度

700ml

DARTIGALONGUE BAS ARMAGNAC 1987

40度

700ml

DARTIGALONGUE BAS ARMAGNAC 1989

40度

700ml

銀賞

DARTIGALONGUE BAS ARMAGNAC 1991

46度

700ml

DARTIGALONGUE BAS ARMAGNAC 1992

40度

700ml

DARTIGALONGUE BAS ARMAGNAC VSOP

40度

700ml

DARTIGALONGUE BAS ARMAGNAC XO

40度

700ml

DARTIGALONGUE BAS ARMAGNAC BRANCHE

40度

700ml