NOZOMI story

"愛を持って、本気で向き合う"

フランスのコニャック協会に日本人で唯一認められた男、 鯉沼 康泰。

日本人唯一の「コニャックエデュケーター」として、地元新聞でも取り上げられ、 世界に向けてコニャックの素晴らしさを発信している。

彼のコニャックへの情熱は全て愛から始まっている。

日本にまだコニャックというものが浸透していなかった30年前から、 彼はコニャックの土地に一人で降り立ち、 地図を片手に土地土地の土壌、高低を頼りに最高のテロワールを求め彷徨った。

それから30年、 そんな「コニャック馬鹿」の集大成をラインナップとして取り揃えました。